agesan's bar

チョイロクおやじなブルーズ・マン「あげ」のウダ話ブログですわあ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

新しいアンプ買ってましてん。。。

こんにちは。。
皆さんはえべっさんには行きはりましたか??
早いもんでもう明けて10日も過ぎたんですね。。あっという間です。

さて。。
言おうか言おまいか迷っていたんですが。。
実は新しいアンプ買ってたんですわ。。

これなんですけどね。。superchampXD1


Fender SuperChampXDです。SCXD2.jpg

■出力:15W(クラスAB)
■スピーカー:10"×1
■真空管:12AX7×1、6V6×2
■ロック、ジャズ、メタルなど様々なジャンルに最適化した16タイプ切替可能なプリアンプ。
■コーラス、リバーブ、ディレイなど多彩なDSPエフェクト搭載
■寸法、重量:45Wx38Hx23Dcm、10.9kg

2チャンネルなんですがチャンネル1は普通のクリーンチャンネルです。
チャンネル2のゲインチャンネルはボイスというつまみがありまして16種類のアンプモデリングが内蔵されています。
1は初期のツイードチャンプをベースとしたビンテージ・トーン。
2はツイード・ベースマンがベース。
3は強いオーバードライブのかかったツイードトーン。
4はブラックフェイスアンプベースのブライトなビンテージ・トーン。
5は↑の若干オーバードライブのかかったビンテージ・トーン。
6は↑のヘビーなオーバードライブのかかった。。
7は往年のブリティッシュ・コンボアンプ。。
8はハイゲインな初期のブリティッシュ・スタック・アンプ。
9はモダンなブリティッシュ。。
10はホットロッドシリーズのハイゲイン。。
11はブティック・アンプ系
12は↑のハイゲイン系
13はメタルトーン
14は超ハイゲイン
15はJAZZ
16はアコースティックです。

出音の印象ですが。。
ノーマルは普通のフェンダートーンで真空管アンプのふくよかさと音圧があります。
ゲインチャンネルもワシは2のツイード・ベースマンの音が好きですけど。。

手頃でええアンプやと思いますわ。。


PageTop

明けましておめでとう

皆様明けましておめでとうございます。
旧年中は色々とご心配もおかけ致しましたが、なんとか無事新年を迎える事が出来ました。
今年は私も年男。
ぼちぼちですが前へ進んでいく所存でございます。
どうぞ本年も何卒宜しくお願いいたします。

というわけで
ささやかではございますが
私より画像のお年玉を皆様に御裾分けでございます。

私の大好きなロベン・フォードの演奏をお楽しみ下さい。
曲名は「Nothin' but the blue」でございます。。

http://www.youtube.com/watch?v=HvFsvmoUsnI&feature=related

PageTop

6VBBのライブに行ってきたよ。。

おはようございます。
昨日は四ツ橋ビートルズにライブを見に行ってきました。

TS.jpg


久々の心斎橋はすっかりクリスマス気分ですわ。。
折角なんで楽器屋さんを俳諧してからビートルズ到着。
オープニングアクトはベテラン・ブルーズ・デュオ「ス・タバ」さん。



Stb.jpg


流石のステージ運びでぐいぐい引っ張ります。


Ochi.jpg


熱演の落合さん

続いては若手ブルースバンド「三川屋」


3.jpg


イケメンのボーカル


3B.jpg


さて、真打登場です。


6VBB-1.jpg


渋い演奏もあれば。。




6VBB-2.jpg


熱唱のアラーキー氏




6VBB-3.jpg


爆笑のMCやステージアクションにワシの前に座っていたおっさんも
どっかんどっかん受けまくっていました。

6VBB-4.jpg


いやいや楽しませて頂きましたわ。。

PageTop

復活??「京橋グランシャトーズ」

おはようございます。

さて、先週土曜日は「京橋ギランシャトーズ」約1年??ぶりの練習でした。
メンバーの元気な?姿をご覧ください。。

COBRA.jpg


途中からcobraのカラオケバックバンド化してしまった。。


dee.jpg


deeちゃん。。


marky.jpg


マーキー。。


ina.jpg


稲ちゃん。。

TARO.jpg


TARO。。。腱鞘炎は大丈夫か???


age1.jpg


age

PageTop

酒屋の立ち飲みほど敷居の高い飲み屋はない。。

 ワシもぼちぼち50になろうかという年なのでほぼ飲み屋と言われる類のお店
は網羅してきたと思っている。
度々ではないが、一応クラブと呼ばれるお店にも行った事あるし同伴出勤も経験した。
プレミアム・スコッチ・ウイスキーと呼ばれる30年物のシングル・モルト・ウイスキーをぐいぐい呑みまくり連れて行ってくれた社長をひやひやさせたこともある。。
京都の祇園界隈の多分地元の人しか入ってこないであろう小料理屋さんなんかにも一人で入って行ったりした。。
最近は収入が少ないせいもあるが、ほんと1000円あればそこそこええ気分になれる「立ち飲み屋さん」が立ち寄り先のほぼ9割である。。

最近行きつけの酒屋の立ち飲み屋さん。。
地元では約30年の歴史を誇るカウンターだけの、10人も入れないぐらいの
スペースはいつも常連で賑わっている。
さて本題はここからなんだが、いつも常連で賑わっている。。
このフレーズ。。
言い換えれば常連しかいない訳だ。。毎日。

昨日。
いつものようにカウンターでおやじさん達とわーわー言いながら呑んでいて
そろそろ閉店の時間(酒屋の達飲み屋さんはだいたい午後8時が閉店時間の
ところが多い。その代わり早いところはお昼からやっている。。繁華街の立ち飲み屋さんなんかは遅くまでやっているところもあるが、場末の立ち飲み屋さんはほぼこのような営業時間である。)
ひょっこりと20代のイケメン兄ちゃんが入ってきた。

おやっさん「もう閉店時間や。。」
お兄ちゃん「あっそうなんですか??」(とちょっと残念そう。。)
おやっさん「ビール一杯ぐらい飲んで行けや。。」
お兄ちゃん「あっ、いただきます。いいんですか???」

といいながらワシを含め3人で約10分ほどわーわー飲んでしゃべって。。
8時。
おやっさん「はい終わり!」

このようにおやっさんの腹の中ひとつで飲めるか呑めないかが決まってしまうんである。。
昨日以外にも何人か「一見さん」が飲みに入ってきたことがあるが。。
いきなり「もう閉店やねん。。帰って!!」と追い返された親父連中をワシは
何人も見ている。。

かくいうワシも常連のように度々飲みに行っているが、一番最初にこの店に入ったときはなんかどんな高級なバーよりも緊張したような気がする。。。
それとワシ以降常連になった人はまだ一人しかいない。。。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。